本文へ移動
学校法人庄和学園
庄和幼稚園
〒344-0115
埼玉県春日部市米島725
TEL.048-746-0080

・幼稚園
・幼児教室
・お預かり保育

 
0
4
5
3
1
4

園の案内・ごあいさつ

園の案内

創立50周年のごあいさつ

50年前に庄和町から請われて幼稚園が始まりました。庄和幼稚園は地域の人たちとともに、地域の人たちに助けられて保育活動を展開してきました。住宅が増え、町が大きくなる時は、いっしょに生徒も増え、最多で5学級約200名の卒園生を送り出す年もありました。その後の少子化は加速化し、現在の状況が続いています。

50年も立つ様々な制度疲労が現れます。それは歴史や国、国際社会も一緒です。戦後70年を超える平和な社会で、日本の民主主義や資本主義、政治制度、経済も加速する世の中に追いつけなくなっています。
教育制度も同じです。時代の変化によって激変する子どもたちに対し、昔ながらの教育が、そのひずみを大きくしています。大学卒業生の半分以上が奨学金のため借金というマイナス財産を背負って社会に出ます。大学卒業生の3分の1は正社員になれません。それに合わせて日本の若者支援制度は皆無に等しい状況です。幼稚園教育にもそのような面はあります。
 
「50周年のお誕生日おめでとう。」は、正にそのような状況に立ち向かえ、もっともっとよく子供たちを見て、よく考えて、強い子逞しい子を育てろということだと思います。みなさまのご理解ご支援をよろしくお願いたします。

平成28年12月 理事長 阿久井正己

 

ごあいさつ

このホームページをご覧になっていただき、ありがとうございます。

庄和幼稚園は、昭和42年開園以来、地域とともに子どもたちを見つめ、保育活動を積み上げてまいりました。

近年では、平成15年度の交通安全キャラバンや平成16年度埼玉国体、平成19・23年度、「道の駅庄和壁画作成」などなど、庄和町(平成17年10月市町合併により 現 春日部市)をあげての行事に庄和幼稚園として参加・協力し、子どもたちは地域とつながる貴重な思い出を体験しました。

社会・時代の激変に対応し必要に応じていつでもどこでも学習する「生涯学習社会」を迎えましたが、意欲・関心と問題発見解決能力を中心とする「生きる力」、そして「ゆとり教育」、また「学力の低下」などが叫ばれ、教育界はまだまだ混迷を続ける状況にあります。

このような状況下、幼稚園教育の重要性と責任をあらためて痛感いたします。

幼稚園教育は家庭教育と二人三脚で成立します。最終的にはお父さんお母さんの愛情に勝るものはありません。言い換えれば、ご家庭のご理解ご協力なくしては効果的な幼稚園教育はありえません。このホームページを十分にご覧になられ、また実際に教育活動や施設をご見学され、あるいは未就園児対象プログラムにご参加されるなど、ご検討を重ねたうえ、ご入園されることをお待ちしています。

これからも、われわれのおおいな希望であり、大切な未来である、こどもたちを、しっかりと見つめて、保育活動を展開してゆきます。ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

理事長 阿久井 正己

新型コロナウィルス

昨年12月に中国の地方で起きたといわれる新型コロナウィルスは、瞬く間に全世界に拡散し、4か月後には日本でも緊急事態宣言が発動となりました。
 
庄和幼稚園も3月、4月と臨時休園の対応を取ります。関係の皆様には大変ご迷惑をおかけしています。ご理解ご協力に感謝します。
 
現在の対策には、WHO、政府、感染症対策関係者、医療関係者などが尽力しています。特に現場の医療関係者は、まさに命がけです。
 
わたしたちができることは、「密閉」「密集」「密接」の三密をさけることと、十分な睡眠・栄養・運動、基本的な生活習慣の維持、ストレスの発散、手洗い・咳エチケットなどです。これらを着実に実施しようと思います。
 
近年の異常気象の拡大やグローバル化の加速を考慮した、ある病院長が、新年のあいさつで、「令和2年は、世界の転換期になりそうだ。何が起きるかはわからないが、来院した患者はすべてしっかり診察して、新事態に対処してください。」と述べたそうです。
 
新型コロナに関連しての状況に、新しい時代が始まった感があります。グローバル化、情報化、効率化、リベラル化、経済優先、知識優先などなどを強力に進めてきた結果、世の中はとても豊かになったのかもしれませんが、その背景に格差社会や人の孤立化などが着実に進んでいます。
 
今一度、立ち止まって考える時だと思います。

令和2年4月10日 理事長 阿久井正己

 

TOPへ戻る